iPad用学習支援ツール
QB説明 算数 4年 いろいろな四角形

QB説明 算数 4年 いろいろな四角形
動作環境
iOS9.0以上 iPad専用アプリケーション
価  格
税込価格 ¥720
※2017/12/24 現在
※価格につきましては、変動する場合があります。こちらでご確認ください。

概要

学習目的に沿って用意された〈道具〉をiPad上で操作
考えたり、友だちに説明できる

QB説明シリーズ

様々なオブジェクトを動かしたり、自分の考えを書きこんだりして、友だちに説明するツールです。
iPad上での具体的な操作は、子どもたちが問題解決のための筋道を、目に見える形で様々に試行錯誤することを可能にします。

『QB説明 算数』シリーズは、学習指導要領に基づき、
領域や学年別の指導に合わせたツールのセットとして提供されます。

監修

堀田 龍也 東北大学大学院情報科学研究科 教授 博士(工学)

推薦の言葉

「フューチャースクール推進事業」や「学びのイノベーション事業」などの実証研究が国によって行われ、現在では各自治体によってタブレットPCの導入が進んでいる状況です。これらの実証研究を通じて、タブレットPCなどの新しいIT機器の活用についても課題が明らかになりました。なかでも、タブレットPCで使う子ども用のツールや教育コンテンツの不足は大きな問題です。パソコン教室での学習で使うようなコンテンツはたくさんあるのですが、普通教室での教科授業で使うことを前提にしたツールが不足しているのです。
【QB説明】シリーズは、こうした課題に応えるものです。
タブレットPCが特に効果を発揮するのは、子どもの個別学習や、子ども同士が自分の考えを説明し合うといった場面です。【QB説明】は、こうした場面での活用を考えて開発されています。【QB説明】シリーズは、教科書の一部を取り出してきたかのように、そこにある様々なオブジェクトを動かしたり自分の考えを書き込んだりして、友だちに説明するツールです。子どもたちは直感的で簡単な指の操作で、オブジェクトを自由自在に動かしながら、考え、説明していくことができます。また、子どもの【QB説明】の画面を電子黒板で映せば、すばやく簡単に子どもの意見や考えをクラス全員が共有できます。
こうした活動を通して、算数という教科に必要な数学的な概念や考え方を自然と身に付けることができるはずです。
iPadという優れたICT機器の利用を考える先生方が、【QB説明】シリーズを活用して、教育的な効果をあげられることを期待します。

 









製品概要

・領域や学年ごとの教材に合わせたツールが利用できます。

・授業の展開に合わせて、「きほん」や「はってん」などの学習モードを選択できます。

・子どもたちの考える筋道に合わせて〈道具〉や〈台紙〉を選んで、利用することができます。

・Touch UIの特徴を最大限に活かした、分かりやすく操作しやすいツールです。

・机の上にノートのように平らに置いて操作することができるため、友だち同士で説明し合うことができます。

・デスクトップPCやノートPCと異なり、準備や起動に時間がかからず、場所を選ばずに活動できます。

・自分の考えた筋道を、専用ケーブルで電子黒板やプロジェクターなどに接続することで、簡単に発表を行うことができます。
※iPad1は接続できません。

 

『4年 いろいろな四角形』について

小学校4年の算数における子どもたちの学習を支援するアプリです。
つくった四角形の辺の平行や長さを調べ、四角形の特徴を見つけたり、平行四辺形やひし形をかいたりして、四角形に関して考えたり、友だちに説明したりすることができます。

本セットは、以下の4つの内容で構成されています。

・「いろいろな四角形をつくろう」
直線をかいて、四角形をつくり、その四角形の辺の平行や長さを調べ、四角形の特徴を見つけることができます。

・「かいてみよう」
定規や分度器、コンパスを使って、四角形をかいたりできます。

・「四角形と対角線」
台形やひし形、長方形などの対角線を三角定規や分度器、コンパスを使って調べ、それぞれの特徴を見つけることができます。

・「やってみよう」
いろいろな種類の四角形を道具箱の道具を使い、特徴を調べて分類したり、色板を組み合わせて、四角形をつくったりすることができます。

 

主な機能

【学習モード】
各内容の中で学習の進め方に合わせて「きほん」「はってん」の2つのモードに分かれています。

【動かすモード】
道具箱から道具を取り出したり、しまったりすることもできます。

【かくモード】
指を使って文字や数字をかいたり、消したりすることができます。色や太さも選ぶことができます。

【直線モード】
点から点にスワイプすると直線をかくことができます。点と点を結ばないと直線はかけません。

【しるしモード】
長さが等しい辺に、等しいことを表す「しるし」をつけることができます。

【道具箱】
直線や四角形をかいたり、調べたりする道具や色板が入っています。図形の性質を確かめたり、それをもとに、作図をしたりすることができます。
※道具箱の中にはコンパスが入っています。このコンパスでは次のようなことができます。
・針を交点などにスナップする
・同じ長さを写す時、針と鉛筆の角度を固定する(固定させるとオレンジ色になります)
・針を固定させて、反転する
・円や弧を描く(「3 四角形と対角線」を除く)

【台紙】
配置された図形などを仲間分けするのに使います。

【ほうがん】
方眼を表示することができます。必要に応じて使用できます。

決まった使い方はありませんので、授業の展開や子どもたちのアイディアに合わせて、自由にお使いいただけます。

 

動作環境

OS iOS9.0以上 iPad専用アプリケーション
  • ※「QB説明」は、スズキ教育ソフト株式会社の商標です。
  • ※iOS、iPadは、Apple Inc.の商標です。